ホーム > コラム

なごみの湯コラム

【第25回】新陳代謝を高めるには

ダイエットをしたいという方や健康を維持したいという方は、新陳代謝を高めることをおすすめします。新陳代謝とは、人間の体に60兆個あると言われている細胞を新しく生まれ変わらせるサイクルのことで、これを早めることで肌がキレイになったり汗をかいて脂肪を燃焼したりとさまざまな効果が期待できます。では、新陳代謝を高めるにはどのような方法があるのでしょうか? ここでは、新陳代謝を高める方法についてご説明します。

◆新陳代謝を高める2つのポイント

代謝を上げるために重要なポイントは、血行をよくすることです。血流が悪くなると、体の機能が停滞し、毒素を体外に排出できなくなってしまいます。血行をよくし、新陳代謝を活発にしてエネルギーを消費しましょう。そのための方法には以下の2つがあります。

1.体温を上げる
リンパの働きがよくなり、血行が促進しやすくなるため、新陳代謝を高めるためには体温が上げることがいいとされています。逆に、体温が低いと体の血液がうまく巡らないといわれています。手足が冷たくなっているだけでも血の巡りが悪くなってしまうため、暖かい服装をしたり、日常的に軽い運動をしたりして体温を上げることを心がけましょう。
また、温泉に入ることで、体の芯から手足の先まで全体をじっくりと温めることができます。温熱効果で長時間高い体温を持続させてくれるため体温を上げやすいとされています。

2.体を柔軟にする
体の筋肉が凝り固まっていると、凝りが邪魔をしてうまく血液が流れなくなってしまいます。肩や首だけでなく、全身のストレッチを行って体を柔軟にほぐしてあげましょう。
体が柔軟だと筋肉内の血管が全身に血液を運びやすくなりますし、体を動かすこと自体も代謝を高めることに繋がるといわれています。そのため、新陳代謝を高めるためには毎日少しずつでも柔軟体操を行う習慣をつけることをおすすめします。入浴後など体が温まっている状態で行うとさらに効果的です。

◆新陳代謝を高めるための食事

冷たい飲み物や食べ物ばかり摂取していたり、コンビニのお弁当ばかり食べていたりはしませんか?
実は、食事も新陳代謝を高めるための重要な要素。体を内側から温めることはもちろん、栄養バランスの取れた食事を1日3回とることが大切なのです。現代人は朝食を抜く人が多いですが、朝食もしっかりととるようにしましょう。 汁物や鍋物があると体を温めやすくなりますし、柔らかいものよりもしっかり噛めるものを食べるとより代謝がアップするといわれています。また、何を食べたらよいのか迷ったら、以下を参考にしてみましょう。

●体を温める食べ物
・唐辛子
脂肪燃焼効果のあるカプサイシンが代謝を高めてくれます。
・生姜
辛み成分である「ショウガオール」が、発汗作用を高めて血行を促進してくれます。
・ネギ、玉ねぎ
含まれている硫化アリルが体を温めてくれます。

●代謝を高める食べ物
・玄米、雑穀米
血流中のインスリンを調整することで代謝が高まります。また、精製されていない穀物は消化に時間がかかるため、白米よりも多くのカロリーを消費することが可能です。
・魚介類、肉類、牛乳
筋肉のもとになるタンパク質を作るためのアミノ酸が豊富です。
・緑茶
緑茶に含まれるカテキンには代謝を促す作用に加え、美肌効果のある抗酸化作用があります。

新陳代謝が高くなれば、以前と同じ生活をしていても太りにくくなったり、肌がツヤツヤになったり、風邪を引きにくくなったりします。できるところから体質改善を行って代謝をアップし、理想の体内環境を手に入れましょう。

ホーム | お風呂 | ヒーリングスパ(岩盤浴) | 食事処 | 休憩処 | リラクゼーション | 営業案内 | アクセス | 館内のご案内 | お問い合わせ | サイトマップ